突如として現れた新星 「TRPGオンラインセッションSNS」

ただただ私がその存在を知らなかったのでしょうか?

公開されたとの情報がtwitter経由で私に届くまで、私はこのサイトの存在を全く把握しておりませんでした。

驚きの衝撃を隠せぬまま、さっそく内部調査を敢行して参りました。

夜分遅く、、、いや、既に朝と言っても良い時間ですが、一刻も早くお伝えするためこの時間に更新しております。

無駄な感想などはあとにして、まずは中身を見て見ましょう。

google検索にはまだ現れず・・・。

WS025しかし、とても気になるリンクを発見。

しかし、解説動画がありました。

WS026開発者様自身で作成した解説用動画のようです。

これを見れば、レビューの必要はないような気もしますが、動画を閲覧できる環境下に居ない人のため、解説を続けます。

徹底解剖 TRPGオンラインセッションSNS

さっそくアクセス

WS000

まずはサイトへとアクセスしてみましょう。

TRPGオンラインセッションSNS

如何にもSNSの雰囲気を持ったサイトが現れます。

ちゃんと動画も貼り付けてありますね、迂闊!

登録ページ

WS002WS0010f1a7cadbd252686c6f217475d19460a

「プレイヤー登録をする」より、登録ページへと入ることができます。

プロフィール画像、ニックネームなどの他、

  • 性別
  • 都道府県
  • 市町村

の登録が必要となります。
個人情報は空欄でも問題はない様子です。

その他、

活動時間帯

  • ボイスチャットの可否
  • GM経験数
  • やりたいTRPGシステム
  • 自己PR

が登録できます。
入力して、ページ下部の「登録する」をクリックするだけで登録が完了します。
「プレイヤー登録の完了|TRPGオンラインセッションSNS」というメールも届きました。

 

登録完了・マイページへ

WS003

SNSの典型的なマイページと言っても良いでしょう。

mixiなどを利用した経験のある方ならば、何の違和感もなく入ることができるでしょう。

足跡があるのが、mixiみたいで良いですね。
賛否両論のある足跡ですが、私は好きです。

個人情報には注意!

登録時に入力した

  • 性別
  • 都道府県
  • 市町村

は、普通にプロフィールに表示され、誰でも閲覧ができます。
非公開という設定はないので、公開したくない情報は空欄にすると良いでしょう。

性別にも非公開という選択肢がありませんね。
公にしたくない人への対策が待たれます。
2016/6/19 さっそく性別「その他」が追加されていました。
2016/6/21 都道府県市町村の入力欄も廃止され、表示がなくなりました。

 

キャラクターを作る

WS005 WS006

基本的にテキストでのベタうちになります。

「TRPGの種別」からシステムを選択することで、キャラクターシートとして必要な情報が纏められた雛形が読み込まれます。
この雛形に沿って入力していくと良いでしょう。

プレイヤーを探す

WS007WS000

条件指定でプレイヤーを検索できます。
検索結果一覧から、該当者へのプロフィールページへと移動することができます。

検索条件は、登録したプロフィールの内容となります。
現在のところ、プレイ時間やプレイスタイルなどで検索することはできないようです。

ニックネームを指定しての検索、もしくは性別、ボイスチャットの可否、やりたいシステム、での検索となります。

一般SNSで趣味の仲間を探すにはこれでも困らないのかもしれませんが、TRPG仲間を探すにはもう少し幅広い情報が欲しくなりますね。

自己PRからの検索などに対応すると一気に使いやすくなりそうです。

 

セッションを探す

WS000WS001WS002

一覧から興味のある募集を探し、詳細を確認。

気に入った募集があれば、「このセッションに参加する」から使用PCを指定した上での申請となるようです。

実際のメンバーの発表や摺り合わせには、コメントを活用することになりそうです。

ルームに入る

WS009 WS010

ルームメイトパスワードを入れて作成

もしくは、リストから選択して入室の流れとなります。

リストから選択するときには、

  1. 部屋名を選択
  2. パスワードを入力
  3. 「入室する」をクリック

という流れになります。

ルーム名をどれだけクリックしても入室はできないのでお気を付けください。

ルームを使ってみる

WS011WS022

  • 中央上に大きくマップ
  • 左上に共有メモと自己メモ
  • 右上にキャラクターシート一覧
  • 左下にダイス
  • 右下にチャット

というインターフェースとなります。

また、タブ形式にて、

  • マップとキャラクターシート
  • メモとコマ、ルームの設定

の表示を切り替えることができます。

WS012 WS013 WS014

左上の「コマ」より、マップに配置したいコマを選択し、マップへとドラッグすることで、マップへの配置ができます。

マップへと配置されたコマも、ドラッグにて自由に移動することができます。

WS017 WS016 WS015

左下のダイス欄に、振りたいダイスを入力、「サイコロを振る」をクリックすると、ダイスがくるくると回転し、結果が表示されます。

同時に、結果はチャット欄にも出力されます。

WS018 WS019WS020

チャット欄に直接入力して発言しても、ダイスを振ることができました。

こちらでは、いくつかのダイスbotにも対応しているようです。

チャット入力欄の右横のアイコンへとマウスカーソルを合わせることで、botの内容がポップアップします。

日記

WS004

新しい日記を投稿できます。

投稿時に公開範囲を設定することもできます。

身内だけの暴露なんかもできちゃいますね。

本人のみに公開も選択できるので、本当の日記やメモに使うこともできそうです。

トピックス

WS024

全体で使う掲示板と解釈しても良さそうですね。

  • 雑談・コミュニティ
  • データ・支援
  • シナリオ・リプレイ
  • 質問・討議
  • 要望・不具合

とカテゴライズしていて、自由に新しいトピックを作ることが出来るようです。

あしあと

WS023

自分のプロフィールを見た人が一目瞭然です。

新しい出会いのキッカケになるかもしれませんね。

一通り触ってみた感想

まだまだ開発途上、これからが期待のサービス

「できたてホヤホヤβテスト稼働中」と謡っている通り、まだまだその機能は少なく、利便性についても最適化されているとは言えません。

しかしながら、TRPGのオンラインセッションに特化したSNSであるということ、そしてサイト内で募集から開催まで完結して行えるというスタイルは、非常に利便性に優れたものであると断言できます。

この先、特にセッションツールとしての機能が充足していくにつれ、どんどん使いやすくなることは間違いないでしょう。

また、SNSと外部ツールの存在は両立することができます。

SNSで募集し、保管所のキャラクターシートを使い、どどんとふにてセッションすることも可能です。

これらのセッションの多様化に対しても、やはり募集時により細分化した募集ができるようになると、より利便性は高くなっていくでしょう。

 

まだ新しくスタートしたばかりのSNSです。

SNSの存在そのものへの感謝を、そしてあったら良いなと思う項目や機能などへの要望、使いにくいと感じた部分などを、積極的にトピックス他の手段にて開発者様へと伝えていくことで、どんどん成長していくことでしょう。

1点だけ、、、オンラインセッションに都道府県市町村の情報は必要なのでしょうか?
普通の不特定多数向けのシステム&シナリオを、オンラインセッションでのみ楽しむのであれば、都道府県市町村は勿論、性別も不要と思います
2016/6/19 性別に「その他」が追加されていました。
素早い対応ですね。
2016/6/21 都道府県市町村の記載が廃止されました。
また、もう1つの懸念事項であった、平文でパスワードが表示されている問題も解決されています。
さらに、さっそく「やりたいシステム」に新しいシステムも追加されているようです。
この、要望に対して素早い対応がなされている点は、非常に高い評価に値するでしょう。
今後の発展がますます楽しみといえるでしょう。

 

個人情報の公開&取扱はもう少し気をつ買って頂きたいですね。

 

大きな期待と応援の意思を表明しつつ、走り書きレポートとさせていただきます。