スマホでも快適TRPGを、どどんとふのダイスマクロも使えます

どどんとふ一強体制に楔を打ち込む!

つもりがあるかないかは不明ですが、話題の新しいツールをご紹介いたします。

その名も「Onset!」と言います。

特徴は、

  • パソコン無しで部屋立て可能
  • スマホからでも簡単操作
  • 軽量・軽快・快適
  • ダイスにどどんとふのマクロが使える

といったところでしょうか。

開発はきりだるまさんです。

それでは、実際の画面を追いかけてみましょう。

お試し「Onset!」

入り口からこんにちは

WS000

画面はスマートフォンからの接続をイメージし、サイズを調整してあります。
主要なスマートフォンならば、ほぼ同様の画面で閲覧できるはずです。

こちらが入り口になります。

シンプルで必要以上の情報が無い画面は、スマホからでも操作しやすいことでしょう。

部屋を作ってみる

WS001まず、「部屋の作成/削除」をクリックします。

 

 

 

 

 

WS003「部屋名」と「パスワード」をそれぞれ入力します。

「部屋名」は公開される部屋の名前になります。
適当に目印となるものを付けましょう。

「パスワード」は入室の際に必要となります。
制作者・参加者共に必要となるので、パスワードは忘れないように気をつけましょう。

入力がおわったら、作成をタップします。

WS004部屋一覧の中に新しく追加されました。

この部屋に入室し、セッションを行うこととなります。

部屋に入ってみる

WS005「名前」に使用時に使うハンドルネームを入力します。

「パスワード」には、部屋を作る時に使ったパスワードを入力しましょう。
他の人が部屋を作成した場合、作成した人からパスワードを聞き出しましょう。

忘れやすいので要注意!!
「部屋一覧」から、入室したい部屋を選び、左横のラジオボタンにチェックを入れます。

「名前」「パスワード」「部屋選択」の3つが終わったら、入室をタップしましょう。

入室完了!!

WS006このような画面に切り替わります。

極めて明快で解りやすいインターフェイスなので、特に説明も必要ないでしょう。

実際に使ってみることにしましょう。

チャットで発言してみる。

WS007チャット欄に発言を入力して送信をタップすると・・・

 

 

 

 

 

WS008この通り、発言ができました。

ダイスを振ってみる

WS009チャット欄にダイスの計算式をいれます。

例: 2d6+7

そのまま送信するとダイスが振られます。

 

 

 

WS010

この通り、ダイスが振られました、、、

 

出目が3凹

 

き、、、気にしない><

 

WS011このダイスマクロですが、どどんとふと同じものが使えます。

右上の「指定無し」をタップすると、様々なダイスマクロへと切り替えができます。

どどんとふで使い慣れているマクロがそのまま使えるのは嬉しいですね。

これは内部で使用しているダイス機能を同じくすることで可能としています。
どどんとふ独自の機能であるシークレットダイスなどには対応していないので注意しましょう。

ちょっとした便利機能?

WS012名前は自由に変更することができます。
キャラクターの名前に変更することができます。
GMさんは細やかにNPC名に変更することができますね。

ダイスマクロの後ろには続けて発言を入れることもできます。
判定の目的やかけ声などと一緒にダイスを振ることができます。

・・・・・4(苦笑

えーーと、、、

あともう1つ、パソコンから使っている人は、送信をクリックすることなく、「Ctrl + Enter」で送信することができます。
キーボードから手を離したくないハードパンチャーさんも、これで安心ですね。

セッションが終わったらログアウト

WS013タップひとつで退室完了です。

忘れずに部屋の削除を!

WS015部屋の作成/削除をタップします。

 

 

 

 

 

WS016部屋一覧から削除したい部屋を選択します。

パスワードに作成時のパスワードを入力します。

削除をタップします。

これで部屋の削除も完了です。

次に使う人のため、部屋の削除は忘れずに行いましょう。

 

WS017

専用「Onset!」も設置もできます

「Onset!」のプログラムはすべて、無料で公開されています。

GitHub」からプログラムをダウンロードすれば、誰でも気軽に専用の「Onset!」を設置することができるわけです。

既にサークル用のWebサイトなどのためにレンタルサーバーを借りている方などは、1度試してみては如何でしょうか?

総括

MAPを使わないならこれ!!

スマートフォンからは勿論ですが、パソコンからの利用時にも、MAPなどのデータが無いため軽快な動作で使用できます。

厳密な位置管理などを必要としない場合には、敢えてどどんとふを使わないという選択肢もありでしょう。

特に、「メインはSkype通話、ダイスだけその他のツール」という使い方をするセッションであれば、この「Onset!」最高のツールといれるのではないでしょうか?

こかげ工房でも設置してみました。

Onset! こかげサーバー

現在試験運用中です。
常識的な範疇でのご利用に限り、自由にご利用いただけます。

なお、近日中に大幅なカスタマイズ&最適化を行ったのち、レギュレーションの策定が済み次第、公開「Onset!」サーバーとして解放する計画です。
こちらも併せてご利用くださいませ。