はじめに

ta67TStV_400x400以前。「スマホでTRPG「 ひよこどどんとふクライアント」」として紹介したひよんとふですが、この度、制作者様のご配慮により、そのソースコードが公開されました。

スマートフォンからも、好きなどどんとふへとアクセスすることができ、しかもマップなど一部機能も使うことができる素晴らしいツールです。

こんな便利なツールは使用しない手はありません。
早速こかげサーバーでも公開されていますが、このページの読者様の多くは、すでに個人用どどんとふサーバーを設置していることでしょう。
せっかくなので、その個人用どどんとふサーバーに、このひよんとふも設置してみましょう

 

なお、当記事は、どどんとふサーバーが「簡単 どどんとふ設置マニュアル」に則って設置され、「簡単 どどんとふカスタマイズマニュアル」および「簡単 どどんとふカスタマイズマニュアル・改」によってカスタマイズされたものであること、アップデートは「簡単 どどんとふアップデートマニュアル」に沿っておこなわれていることを前提として解説していきます。
また、この4つの記事で行われた各種操作手順については理解できているものとして、重複した説明を一部省略いたします。

また、当記事はUNIXコマンドが解らなくても、誰でもコピー&ペーストだけで、できるだけ簡潔かつ安全に操作ができることを前提としています。そのため、必ずしも最適に効率化されたものではありません。

ひよんとふを設置する

ひよんとふの設置は簡単です。

前振りはこれくらいにして、さっくり設置してしまいましょう。

シェルログインする

新しい接続 どどんとふの設置時にも使用した Tera Term を起動しましょう。
左記のような接続ウィンドウが現れます。

ホストに、[さくらのレンタルサーバ] 仮登録完了のお知らせ記載のFTPサーバ名を入力します。

○○○○.sakura.ne.jp(○○○は登録したアカウント名)

と入力し、[OK]をクリックします。

SSH接続 ユーザー名とパスワードを入力します。

[さくらのレンタルサーバ] 仮登録完了のお知らせ記載のFTPアカウント並びサーバパスワードを入力します。

入力後、[OK]をクリックします。

 

 

Tera Term このような画面に切り替われば、シェルログインは成功です。

このままシェルを利用してひよんとふの設置を進めていきましょう。

事前準備

ファイルの状態を確認する

まずは、ファイルの状態を確認しておきましょう。

ls

と言うコマンドでファイルとフォルダの一覧が確認できます。

% ls
DodontoF_Ver.1.48.00.zip        saveData_20160507
DodontoF_Ver.1.48.01.zip        sblo_files
MailBox                         tmp
db                              www
sakura_pocket                   www_20160507
saveData
%

以前アクセスした時と変わりはありませんね?

saveData フォルダの中にはセーブデータが、www フォルダの中にある imageUploadSpace には画像が、Dodontof フォルダの中にはどどんとふ本体がそれぞれ保存されています。

今回は、www フォルダ内に、hiyontof というフォルダを作り、その中にひよんとふを設置してみましょう。

フォルダを移動する

www フォルダに移動しましょう。

cd www

ついでに中身も確認しておきましょう。

ls

% cd www
% ls
DodontoF                imageUploadSpace
%

ひよんとふを設置する

本体データをダウンロードする

下記コマンドにて、最新のひよんとふをダウンロードできます。

git clone https://github.com/Shunshun94/hiyontof.git

% git clone https://github.com/Shunshun94/hiyontof.git
Cloning into 'hiyontof'...
remote: Counting objects: 100, done.
remote: Compressing objects: 100% (80/80), done.
remote: Total 100 (delta 42), reused 70 (delta 17), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (100/100), 51.91 KiB | 0 bytes/s, done.
Resolving deltas: 100% (42/42), done.
Checking connectivity... done.
%

 

追加モジュールをダウンロードする

ダウンロードでできた hiyontof フォルダへ移動します。

cd  hiyontof

ひよんとふ公式サイトに記載されている方法で、追加パッケージのダウンロードを試みます。

git submodule init

% cd hiyontof/
% git submodule init
fatal: git was built without support for git-submodule (NO_PERL=1).
%

なんとなくそれっぽいメッセージでお気づきのことと思いますが、失敗です。

さくらのレンタルサーバーでは、git submodule というコマンドを使うことができないようです。

手動で必要なファイルを入手する

WS013慌てることはありません、必要なモジュールを手動で入手します。

まず、追加モジュールをダウンロードするフォルダへ移動します。

cd main/js/lib/jscolor/

下記コマンドにて、追加モジュールをダウンロードします。

wget https://github.com/EastDesire/jscolor/blob/master/jscolor.min.js

% cd main/js/lib/jscolor/
% wget https://github.com/EastDesire/jscolor/blob/master/jscolor.min.js
--2016-07-10 01:20:56--  https://github.com/EastDesire/jscolor/blob/master/jscolor.min.js
Resolving github.com... 192.30.253.112
Connecting to github.com|192.30.253.112|:443... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: unspecified [text/html]
Saving to: 'jscolor.min.js'

jscolor.min.js          [  <=>                 ]  69.04K   178KB/s   in 0.4s

2016-07-10 01:20:57 (178 KB/s) - 'jscolor.min.js' saved [70701]

%

これで、無事追加モジュールもダウンロードできました。

なんと、これだけで設置完了です。

動作確認

実際にアクセスしてみる

ブラウザで実際にアクセスしてみましょう。
アドレスは
http://○○○○.sakura.ne.jp/hiyontof/main/hiyontof.html(○○○は登録したアカウント名)となります。

どどんとふURL欄には、公開どどんとふサーバーのリストが入っていますが、ここにアドレスを入力することで、個人設置のサーバーへアクセスすることも可能です。

個人設置のアドレスをhttpから入力しましょう。

WS016無事にログインできれば、おめでとうございます。

正常に動作しています。

お疲れさまでしたっっっ!!!

 

どどんとふURLに個人設置のサーバーを追加する

ファイルマネージャーを起動する

WS000

まず、サーバコントロールパネルへとアクセスします。

仮登録時にメールで送られている、

  ●ドメイン名
  ●サーバパスワード

の組み合わせでログインします。

WS001

左側に並ぶメニューを確認します。

下の方にある、

「ファイルマネージャー」

をクリックしてください。

 

WS002

現在サーバーにアップされているファイルが、Windowsのエクスプローラーのように表示されています。

作業フォルダへと移動する

WS000ログインすると、/home/(ユーザー名)/www というフォルダに接続されます。

hiyontof main という順番でフォルダをダブルクリックし、移動をしてください。

設定ファイルを編集する

WS001設定ファイルの編集をしていきましょう。

hiyontof.conf.js を右クリックし「編集」をクリックします。

編集用のウィンドウが立ち上がります。

サーバー一覧を修正する

/**
 * 最初から登録されているサーバ一覧。
 * ここに追加すれば別のサーバをデフォルトで表示させておくことができるし、
 * ここから削除すればそのサーバはデフォルトでは表示されなくなる。
 * 例えば、もしも自鯖にひよんとふを設置するならば、あなたのサーバをここに追加するといいかもしれない。
 */
com.hiyoko.tofclient.ServerList.SERVER_LIST = {
 'http://cokage.sakura.ne.jp/Dodontof/DodontoF.swf': 'さくらのこかげどどんとふ'
};

個人設置してどどんとふサーバーのアドレスを追記し、サーバー名も指定します。
誤って「'」や「:」を忘れないよう気をつけましょう。

サーバーアドレスの入力を禁止する

/**
 * 最初から登録されているサーバ以外のどどんとふへのアクセスを不可とするか、否かを設定する。
 * false (初期値)。 webif でつなげるすべてのサーバへの接続を許可する。
 * true にすると com.hiyoko.tofclient.ServerList.SERVER_LIST に登録されているサーバにしかアクセスできないようになる。
 */
com.hiyoko.tofclient.ServerList.RESTRICTION = tlue;

この設定をすることで、前項で指定したサーバーリスト以外への接続が不可能になります。
不正使用防止の為にも、この設定を行っておくべきでしょう。

保存する

編集したら、忘れずに保存しましょう。

これで、全ての設定がおわりました。